cotteの冷えとりシンプルライフ

cotte.exblog.jp
ブログトップ

タグ:子育て ( 87 ) タグの人気記事


2018年 02月 21日

自分が楽しくて、相手も楽しかったら最高 #アドラー心理学

d0347061_08481278.jpg
アニーの学年は毎年数名転入生、転出生がいます。
(ちょっと他の学年は知りません)

転入生が来たときは、一人づつ自己紹介をし、
転出が決まった学生がいたときは、クラスでお別れ会をしてるようです。

転入生への自己紹介
必ずアニーはトリを任されているそうで
必ず、一発芸を披露して笑わせる役割

転出生のお別れ会では
必ず、コントや漫才をする役目。

「はい、はい!!俺やる!やりたい!」という
タイプではないのですが

頼まれると
「あーーーいいよーーー」というタイプなので
自然とそんな流れになっているみたいです。

ウケた時も失笑で終わった時も
台所に立つわたしの前で再現してくれます。

自分がまず楽しんで
誰かが楽しんでくれたら
ラッキーぐらいで生きています。

Copyright 2011 cotte. All Rights Reserved.
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



[PR]

by moussedenell | 2018-02-21 08:57 | アドラー心理学 | Comments(0)
2018年 02月 19日

人間ってなんだろう #アドラー心理学

d0347061_09022486.jpg
昨今は「2分の1成人式」というものがあります。
「10歳を祝う会」とも言ったりするようです。

14歳になると「立青式」なるものもあります。

丁度今年はアニーが「立青式」、ジャイ子が「10歳を祝う会」を迎えます。
アニーの立青式は出席のリクエストがアニーからなかったので、
欠席しました。

14歳になった今、思っていること、考えていることを作文にしたそうです。
アニーはそこで「笑うことについて」の作文を書いたようです。
まだ全文は見せてもらっていませんが。

その作業の中で、とても不思議に感じたことがあったそうで、
「結構な割合で、反抗期について書いている友達が多かったんだよね。
今って反抗期なの?」と聞いてきました。

「反発したいものがある人は、反抗期なのかな~~」と答えると
「あーーーうちそういえば門限ないよね。え?!門限本当はあるの?!」
と今更ながらに、尋ねられました。

何時まで!!っていうのはないね。そういえば。
お友達の家にいるなら、お母さんの立場から言えば、17時以降は家族だけになりたいから帰ってほしいけど(笑)
あとは遊んでいる時の盛り上がりによっては30分ぐらい遅くなったりもするし
遠出すれば、ものすごく遅くなるしねー23時過ぎに帰ってきたこともあるじゃん。
でもそれは移動時間考えると、まあそうなるわな~と思っちゃうしね。
今のところ、門限ないね。今まで通り自分で決めればいいんじゃない?」
という話をしました。

そしてジャイ子はこれから「10歳を祝う会」が控えています。
これは基本的に参加必須。
詳細は教えてくれないので、よくわからないのですが、
おそらく「今、興味のあること」または「将来なりたいもの」。

なぜなら急に
「10歳を祝う会の準備に必要だから、こどもが読める心理学の本が欲しい」
言ってきました。
「具体的にどんなことを知りたいの?」と尋ねると
人間関係がうまくいかないときや、うまくいくようにするには
どんな風に考えればいいかがわかるような本が読みたい」
というので、
調べてみました。

そしてこの2冊をプレゼント。
おともだちとの関係
大人との関係

など、知りたいと思ったことが書かれている内容だったようで

ジャイ子はとても喜んでいました。

実際の「10歳を祝う会」ではどんな発表をするのか楽しみです。


Copyright 2011 cotte. All Rights Reserved.
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村




[PR]

by moussedenell | 2018-02-19 09:28 | アドラー心理学 | Comments(0)
2018年 02月 15日

スナフキン #アドラー心理学

d0347061_10334453.jpg
2月になり、中学校へ行くと
いよいよ受験の話を耳にするようになりました。

2日前、アニーに
「どんな風に生きていきたいって思ってる?」
なんとも漠然とした質問をしてみました。

アニーはにやにやしながら
「あっ。でもなーーー(笑)
これ言っちゃっていいのかな。」

「なんでもいいよ、言って、教えて」

「えっと、ギター一本持って、バイクに乗って
時々歌でも歌って、旅をしながら生きていきたい。」


ほっほーー!!!

さまざまなことにあまり執着のない性格だとは思っていましたが
そんな風に考えていたんだなぁと。

アニーが成長して、
革ジャン着て
ギターを背負って
ヘルメット持って
玄関を出ていく姿を想像していたら


こちらまでワクワクしてきました。

具体的にこのようにならなくても
根底にこんな考えがあるのなら
アニーは
第三者からみて
「つまづいたな」
「やらかしたな」

と思った状況でも

「ま、俺には合わなかったのかな。次行こ!はい次!」
みたいに色々な岐路を
気持ちを切り替えていけるのかなと

これはわたしの勝手な解釈ですが
肯定的に捉えてます。

旅の途中で、たまには
我が家にも立ち寄ってくれるでしょう。

Copyright 2011 cotte. All Rights Reserved.
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


[PR]

by moussedenell | 2018-02-15 10:47 | アドラー心理学 | Comments(0)
2018年 02月 02日

グーグル先生、youtube先生 #アドラー心理学

d0347061_09284206.jpg
どうしてもアドラー心理学のカテゴリーではアニー(中2)の話題が多くなりがちで
ジャイ子は(小4)の話題がやや少ないのですが

ジャイ子はどんな感じかというと
「こっちが頼んでもいないのに勝手にアドバイスしてくるな!!」
これに尽きます(笑)
徹底しています。

私だけでなく、先生含め他の大人にも、同級生にも誰にでもです。

なので、ジャイ子は興味があること、やってみたいこと
まずはi-padで検索します。
私に尋ねてくることももちろんありますが、質問以上の答えを返すことは嫌がります。

最近の会話
「編み物したいんだ」
「へーそうなんだ。編み物に興味でてきたんだ」
「うん。だから100円ショップで毛糸と編み棒買ってくる」
「いってらっしゃい!」

ここで、毛糸や編み棒に太さの種類があることをあらかじめ知らせません。
嫌がるから(笑)
実際お店を覗いて、それを知って迷って帰ってきて
調べて、また買いに行く。

これがジャイ子にとっては、いいようです。

編み物もyoutube先生から教わっています。
どの動画が自分にとって一番わかりやすいか、探して
編んで、ほどいて編んで、
違う動画を探して、比べて

いよいよわからなくなって
私を呼んでみる

これがジャイ子にとっては、いいようです。

まずは自分だけでやってみて
困ったら
グーグル先生とyoubue先生を尋ねに行き
それでも迷ったら わたしの元へ

困らなかったときは
夜にいろいろ楽しそうに結果報告

こんな感じなので
基本会話少ないです(笑)
夜お布団の中でその日あったことの報告を聞くぐらいの日々です。

Copyright 2011 cotte. All Rights Reserved.
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村 

[PR]

by moussedenell | 2018-02-02 09:46 | アドラー心理学 | Comments(0)
2018年 02月 01日

楽観主義 #アドラー心理学

d0347061_08271641.jpg
アドラー心理学の目標の一つに
「自分には能力がある」という気持ちを養うことがあります。
ここでいう「能力」とは
問題が起きたときに、自分には解決する能力があると思い、行動に移すこと。
結果云々ではありません。

人を観察していると面白いなと思うのは
この「自分には能力がある」という肯定感がない人
十分に問題解決する力があって、実際に問題解決しても
自信なさげですし、挑戦しないことも多々あるように思います。


アニー(中2)の学校に2週間の短期留学生がカナダから来ていました。
興味津々のアニーは休み時間のたびに、留学生がいるクラスに行き
話しかけたそうです。

ちなみにアニーの英語の成績は中の下(笑)

そこで、アニーがわかったことは
「俺の発音でも相手に通じる」
「多少文法が違っていたりしても相手に通じる」
「ジェスチャーと単語並べるだけでもなんとかなる時もある」

つまり
「結局とりあえず話しかけちゃうのが一番」
だから
「俺、海外でも暮らせると思うわーーー」

自分の英会話能力があるかないかの不安はなく
とりあえず、話してみたいから、話してみる。
今まで習ってきた英語が通用するのか、しないのか?
とりあえず試してみる。

試した中でのアニーの結論。

もはや、とってつけたような勇気づけの言葉もいらない。

ただただビビりのわたしは尊敬するらしてしまいました。

そしてわたしも少しでもそんなアニーの態度に近づきたいなと
日々の小さな暮らしの中で実践中です。

アニーをみていると
「できるか」「できないか」ではなく
「やるか」「やらないか」をまざまざと見せつけられます。


Copyright 2011 cotte. All Rights Reserved.
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

[PR]

by moussedenell | 2018-02-01 08:43 | アドラー心理学 | Comments(0)
2018年 01月 29日

なにを目的としているの? #アドラー心理学

d0347061_09451775.jpg
毎朝、仕事前に掃除をする。
掃除をしながら
「もう、またこれ出しっぱなし」
「もう、なんで片付けないかな!!」

と心の中でふつふつと不満がよぎることがある。

今年に入ってふと
「おまえはなんのために掃除をしているの?!」
自分に問いかけてみた。

イライラするため?
家族のできていないことをみつけるため?


いやいや違うでしょ。
部屋をきれいにして、
自分が気持ちよく過ごしたいからでしょ?

あーーーそうだったなぁ。
もっと部屋と対話しながら掃除をしたいなと思いました。

掃除はわたしに苦労を押し付けるものではなくて
わたし自身がおうちをきれいにしたいという
欲求からしているのが
そもそもの目的。

ぶつぶつイライラしながら掃除をしたら
おうちだって悲しむ。

わたしたちを守ってくれているおうち。
雨風、地震、寒さ、暑さ…
日々守ってくれている。

ありがとう
という気持ちで
掃除をしていこう。

Copyright 2011 cotte. All Rights Reserved.
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

[PR]

by moussedenell | 2018-01-29 09:53 | アドラー心理学 | Comments(0)
2018年 01月 22日

1月の「アドっていいともの会」感想 #アドラー心理学

d0347061_08484928.jpg
先週、今年第1回目のアドっていいともの会を開催いたしました。
ご参加くださいましたみなさまありがとうございました。

今回も実り多い時間でした。

みなさんと行っていくのは、実際の親子の会話をなるべく再現していただいて
その会話を分析していくのが主な作業です。
その中で、自分だけでは気づかなかったこと、見落としていたこと
実はこどものほうはちゃんと理解していたことなど
発見が多いのです。

今回もそんなことがたくさん詰まったエピソードでした。
そして会話の中から
実はこどもたちは親が発した言葉以外のその裏にある気持ちまで
見透かして(汲み上げて)
言葉を発していることもあることを知ることができました。

こどもって親の発言だけでなく、ちゃんと日々の行動も観ているんだなと思います。

そんな作業の中で
「自分の子どもに対して、肯定的な意見を言われたのははじめてです。」
と仰ってくださった参加者の方がいらっしゃいました。

この言葉は、その方だけでなく
その場にいたみなさんが幸せな気持ちになる言葉だったと思います。

「アドっていいともの会」ではアドラー心理学はどういうものか?
ということを学ぶだけでなく
実際の会話をシェアして進んでいきます。
参加したみなさんがただ一方的に話を聞くだけではなく
必ずご自身のご家庭の会話を披露して実感していただきたいと考えています。
ですので、多くても参加人数は4人までが限界かなぁと思っています。

2月の「アドっていいともの会」は私事でまだスケジュールを決められませんが
決まり次第こちらでも紹介させていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

Copyright 2011 cotte. All Rights Reserved.
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

[PR]

by moussedenell | 2018-01-22 09:05 | アドラー心理学 | Comments(0)
2018年 01月 18日

1月のアドっていいともの会 #アドラー心理学

d0347061_11280648.jpg
1月のアドっていいともの会のご案内です。
次回は日曜日平日に設定してみました。

平日の方が外出やすい方、週末の方が外出しやすい方
いろいろあると思いますので、ちょっと試しに・・・

ご興味ございましたら
新しい年の一歩として、アドラー心理学に触れてみませんか?
平日と日曜日では会場、時間帯が変わります。
どうぞよろしくお願いいたします。

●詳細●

〇日時:1月14日(日)13:30~16:00
〇場所:奥沢区民センター 第3会議室(前回とは違います。第3です!)



〇日時:1月18日(木)10:30~13:00
〇場所:cotte宅 10時20分に奥沢駅噴水前集合

〇参加費:両日とも当日払・1,500円(飲み物&おやつ付)
〇人数:先着3~4名様

〇お子さまの参加はできません。
〇プライベートなお話をしますので外部に漏らさない、ブログなど(SNS含)に具体的な他の方のエピソードを公開しないというお約束のできる方

〇お申込み
info☆cotte-hietori.com(☆を@に変えてください)
インスタグラム、twitter、FacebookからDMでも受け付けいたします。

氏名、当日でも繋がる連絡先をお知らせください。
グループでご参加の場合は人数をお知らせください。




●アドっていいともの会
幸せってなんでしょうか?

「あなたのためよ」と言いながらお子さんに依存していませんか?

あなたが子供だった頃、
身近な大人から言われて傷ついたことありませんか?
本当は何も言わず見守ってほしかったと思ったことはありませんか?

それを大人になって繰り返していませんか?

アドラー心理学では
幸せとは?
人はいかにして生きていくのか?

のイメージが明白です。

参加したみなさんのご家庭で体験したエピソードを軸に
アドラー心理学の基本を抑えながら
みなさんで意見を交換したり
ロールプレイングをすることで
「勇気づけ」を体感していただきます。

「勇気づけ」を体感した時に
「叱ること」も「褒めること」も
「誰かと比較すること」も
生きるのに必要ないことを

実感できるはずです。

お申込みいただきました時に
会の日までに行う「小さなミッション」をお伝えいたします。
2回目以降の方には回を重ねるごとに「小さなミッション」の内容が変わります
(会の1週間前にこちらから連絡いたします。)


どうぞまずは「勇気」を出してご参加してみてください。



Copyright 2011 cotte. All Rights Reserved.
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


[PR]

by moussedenell | 2018-01-18 09:05 | アドラー心理学 | Comments(0)
2017年 12月 19日

お腹にためない #アドラー心理学

d0347061_10113091.png
中2アニーは疑問に思ったこと、これおかしくない?と思ったことを
さらっと口に出すことが多いです。

相手を負かそうとかそういう気持ちはなく
けっこう純粋に「なんで?」をすぐに口に出します。

授業中、窓から外をぼーーーと眺めていたそうです。
先生から自分の名前を呼ばれたことにすぐに気付かず
返事がズレました。

「そんなに授業を受けたくないなら、立ってなさい」と言われました。
アニーは
「僕が立たなければいけないのなら、
毎日毎日寝ているBくんこそ立つべきだと思います。」


理性ふっとんじゃったみたいです、先生。
そのあといろいろ大変だったようですが
担任の先生が事情を知って間に入ってくれたそうです。


その数日後・・・
英検の締め切りが明日までです」との連絡が私にありました。
わたしはアニーから
「受ける気持ちがない」と聞いていたので
「本人が受けたくないと言っているので、今回は受けません」と答えました。

親に行っても埒あかんと思ったのでしょう
先生はもう一度アニーを説得したようです。

その様子をまた私に連絡してきました。
「英検受けて、具体的にどんな役に立つんですか?」とアニーが言ったようで
先生は
「その発言に驚きました。」と言われました。
正確には「呆れました」と言いたかったのだと思います。

その時先生はどんな説明をしたかというと
内申が1ポイント追加される」と言ったそうです。

アニーは内申のためには動かないよなぁ。

「内申」のために
ボランティアに参加すること」を前から軽蔑していたし、
「誰かのためにできることをすることは、特別なことじゃないし
内申とその関係が意味わかんない」と。

アニーは相手を怒らせたくて発言しているわけではありませんが
アニーの疑問はよく相手(狭義の教育者と言われている人)をよく怒らせてしまいます。

家に帰ると
「俺がいけないの?」と尋ねられますが
素直に疑問に思ったことは質問していいし、
行動していいと思うし、私はそんなアニーを応援したいと思っています。

そしていくつになっても
「なんで?」「どうして?」の好奇心から
追及をやめないキラキラした大人たちを
いろんな形で出会わせてあげる機会を作るお手伝いが
私の役目かなと思ったりしています。


↓こちらも併せてよろしくお願いいたします!!
※会話を解体しながらアドラー心理学をより身近なものにしていきます!
お仲間募集中です!


Copyright 2011 cotte. All Rights Reserved.
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村











[PR]

by moussedenell | 2017-12-19 10:46 | アドラー心理学 | Comments(1)
2017年 12月 14日

日曜日のアニメ #アドラー心理学

d0347061_08495385.jpg
日曜日
珍しくジャイ子がテレビをつけて
「ちびまるこちゃん」を観ていました。

しばらくすると
「なんかまるちゃん、かわいそうだね。
まるちゃん、悪くないよね?」
「まるちゃんのおかあさん、おこってばっかだね。」
「こんなまるちゃんのおかあさんうるさかったかなぁ。」
「なんか前より面白く思わなくなった。」

わたしも台所に立ちながら
ファミリー向けと言われているアニメって、
実は親が子を怒っているものが多いかも」と思いました。

これも「ちびまるこちゃん」が変わってしまったのではなく
ジャイ子の捉え方が変わったのです。

少しは我が家の環境も変わったのかな。

ジャイ子の気づきに私はまた勇気づけられます。



※会話を解体しながらアドラー心理学をより身近なものにしていきます!
お仲間募集中です!


Copyright 2011 cotte. All Rights Reserved.
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

[PR]

by moussedenell | 2017-12-14 08:57 | アドラー心理学 | Comments(0)