cotteの冷えとりシンプルライフ

cotte.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 07日

痛い目にあうことじゃない #アドラー心理学

d0347061_08493827.jpg
これ書いてなかった…ということをふと思い出したので
書き留めておこうと思います。

アドラー心理学では「課題分離」というキーワードが
重要なひとつとなりますが

よく耳にする
「一度、痛い目に合わないとわからないのよ、
この子」

放置するのとはちょっと違うと
実践するようになって感じました。

わたしも始めた頃は
この
「一度、痛い目に合ったほうがいい」
という謎の上から目線の気持ちがあったと思います。

これって罰を与えると変わらないよなと

そもそも
すべての人間は対等である
というこれもアドラー心理学にとって
大切な要素がスコーーーンと抜けており

とにかく
「痛い目にあってしまえ」
心のどこかで思っていたことは
毎回ではないにしろ
あったのは確かです。

おそろしいね。
わたし。

続けていく中で
「痛い目」ではなく
「いい経験」として一緒に分かち合おう
という気持ちになってから

こどもたちも
イライラしたり
怒ったりしなくなったような
気がします。

その代わりに
「助けて」
「話を聞いてくれる?」

というようなことを言ってくれるようになりました。

嬉しいです。

わたしが時々イライラしていると
「ちゃんとして欲しいこと、協力してほしいことを言ってくれたらいいのに」
と逆に諭されることも(笑)

いやいやほんとにありがたやです。

「あれやった?」
「これやった?」
「あれしなさい」
「これしなさい」

からはじまる会話は減りましたが

「今、こんな状態だけれどどうする?」
「わたしはこうしたいんだけれど、どう思う?」
「今週、どこかで話し合いの時間を設けたいのだけど」

からはじまる会話は増えた気がします。

アドラー心理学は
対話の学びでもあるとひしひしと感じています。

Copyright 2011 cotte. All Rights Reserved.
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

[PR]

by moussedenell | 2017-09-07 09:06 | アドラー心理学 | Comments(2)
Commented by きのもり at 2017-09-08 07:01 x
あら、わたしも。
夫との生活の中で、怒ることが随分減ったことに気がつきました(笑)
自分のありのままの気持ちを伝え、一方的に責めるようなことが無くなった(たぶん、、あまり自信はない)気がします。
なんだか嬉しい発見が出来ました♪ありがとうございます。

わたしの場合、日々の短いコミュニケーション時間をなるべく穏やかな気持ちで行いたいという一心からです。
生活リズムがかけ離れていると、お互いのイライラが理解できずに空回りするものです。

でも、ひとたび外に出てしまうと、つい格好つけて気取ってしまうのか、強い言葉やら様々出てしまう。
本来ののんびり屋を素に出来る大人になりたいところです(笑)
Commented by moussedenell at 2017-09-12 10:21
きのもりさん
怒らなくなりましたか~
怒らなくなるって楽ですよね~
すごく楽。
怒らなくなって、拘りというものもすごく減った気がします。


<< マイクロ―ゼット更新&値下げ ...      湯たんぽ様々 #冷えとり >>