cotteの冷えとりシンプルライフ

cotte.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 01日

民間療法と依存心 #冷えとり

d0347061_08131432.jpg
最近、民間療法の類を「トンデモ医療」と括って目にすることが増えました。
「冷えとり」「布ナプキン」なども必ずといっていいほど入っています。

この判断は個人に委ねられるんだろうなぁとしか言えません。

中には(これもまた私個人の捉え方ですが)
やっぱりどう考えても「怪しい」と思ってしまうものもあるのも確かです。

ひとつ考えられるのは、さまざまな民間医療を叩く、叩かれる背景には
それを行っている人の中で、
どのような人と巡り合ったかでかなり印象が変わるのかなと思いました。

何かを流行らす、何かを爆発的に売るなどなどの一部には
「不安を煽る」と効果があることは否めないのではないでしょうか。
子どもの塾通いもこの心理だと思います。
「我が家も行かせないと手遅れになる」みたいな。

どこかでみな「不安」というものに掻きたてられて
行っている行為があるかもしれません。

ただ、やみくもに自分の抱いた不安を
持たせて勧めてみたり
同じ価値観を持てない人を否定したり
離れようとしている人を脅迫したり

それはその民間医療がどうのこうのではなく
その人自身が、ものすごく依存してしまっているんだなと感じます。
そしてそのような人から逃げられないような気持ちになっているときは
当事者の依存心も高いのかなと思います。

だからどんなものに出合うかも重要かもしれませんが
どんな人がやっているか、初めに出合う人の印象で
かなりさまざまな民間医療のファーストインプレッションも変わってしまうのかもしれません。

わたしが冷えとりを始めたきっかけは友人でした。
内容だけ聞いた時は、すごく驚きましたが、
彼女がやっているから大丈夫かな?
彼女は特に変な風に変わっていないし…
まあこれで体調が整うなら、それに越したことないし…
嫌ならやめればいいんだし…

といういきさつがありました。

冷えとりをはじめてすぐのころに
ブログだか雑誌だったか忘れてしまいましたが
服部みれいさんが
「依存心のある人は冷えとりはできない(続かない?)」みたいなことを
書かれていました。

今ならなんとなくわかるような気がします。

まあ、民間医療に限った話ではありませんが、
それに支配されてしまっていないか?
自分が自分の主人となって行動しているか?
という振り返りは時々必要なのかもしれません。

全ての事柄には必ず対になる考え方があります。
「Aがいいよ」という論理があれば
自ずと「反Aのほうがいいよ」という論理が生まれます。

西洋医学でも心疾患(血管)に対して
温熱系の治療派と冷感系の治療派に分かれているのが現実です。


「冷えとりやってるの?」
「やってるよ!私には合ってるみたい!」
ぐらいの軽い感覚でいいのかなと思います。

自分を肯定しつつ、相手のことも否定しない
そんな生き方自体のことも問われている気がします。

Copyright 2011 cotte. All Rights Reserved.
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村


にほんブログ村

[PR]

by moussedenell | 2017-08-01 08:26 | 冷えとり | Comments(2)
Commented by きのもり at 2017-08-01 14:29 x
うーん、勉強不足で、トンデモ医療とは初めて聞きました。そして、西洋医学での心疾患の処置の違いも。

私が治療家として、まだまだ悩んでうまくできないことは、セルフケアをどこまでどのように伝えるか?ということです。
私の師匠は有無を言わさず、「言ったことを守らない人は治療しない」と徹底しています( ;∀;)
私としては、患者さんの目的によっては無理強いできないんじゃないか?と思っているところがあるので、師匠と同じことは出来ないのです。
とやかく言われたくないけど、治療は受けたいとか色々あるじゃないですか(笑)

そうそう、だから〜(うまくまとめられてない)
依存するのではなくて、どんな心持ちだろうが自分の心があることをするのが健康への道だと思うんです。
最近は何でも煽られて始める風潮が気になるところです。

もさ〜っとしたコメントで失礼しました(°▽°)
Commented by moussedenell at 2017-08-02 07:18
***きのもりさん***
おはようございます。
あら、初耳でしたか!
わたしはネットでしばしば目にして…
クライアントさんとの関係。
医学の知識を学び続けることと同時に、関係性もまた学びの一つだなと思っています。
資格をとってばかりと今では私の中でも変化が起きています。
やっぱりアドラーではないけれど
自分の目的を持って行動するしかないのかな。
クライアントさんがどのように考え行動するかまでは
コントロールできないと思ってます。


<< スマホ問題 #アドラー心理学      冷えとり部会 #冷えとり >>