cotteの冷えとりシンプルライフ

cotte.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:冷えとり( 39 )


2017年 09月 06日

湯たんぽ様々 #冷えとり

d0347061_08343729.jpg
夏のはじめにこんな記事を書きました。

この夏は地道に毎晩、湯たんぽを作って寝て いたのですが
この夏ほどこの習慣に「助かった!!」と思ったことはないほど
天候が荒れましたね。

急に寒くなったり
今もまだ9月に入ったばかりなのに
とっても涼しい
今まででは考えられないほどです。

窓を開けっぱなしにしていると
お腹が冷えてきたり
喉がかさかさしたり


窓を閉めっぱなしにしていると
蒸れるような不快感があります。

こういうとき、湯たんぽあってよかった~
助かった~と心底思ってしまいます。

何事にも習慣づけるということが
かなーーり苦手なわたしですが

本当にこの夏は
面倒くささに負けず
湯たんぽ作り続けてよかったと思うのでした。

Copyright 2011 cotte. All Rights Reserved.
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村


にほんブログ村

[PR]

by moussedenell | 2017-09-06 08:42 | 冷えとり | Comments(0)
2017年 08月 31日

生理が月1回になった! #冷えとり

d0347061_08101606.jpg
ある日道で会ったともだち
わたしの耳に手をあてて
内緒話をするようにしてこう言いました。

「あのね、生理が月1回になったの!!」
「すごいじゃーん。よかったね~」
「ものすごく今月は身体が楽だった。ありがとう。」

わたしも嬉しくなりました。

1年ほど前から冷えとりをはじめた彼女。
以前から、なんとなくいつも身体が疲れている
冷房の中にいるとすぐにお腹を壊してしまう
などさまざまな愁訴がありました。

それが冷えとりを始めてから徐々に減ってきたことを自覚したようで
この4月から布ナプキンも始めてみたのです。

それまで10年以上、
生理が月2回来ていたとのこと。

「それって、1週間おきに来ていたってこと?!」と
思わずその時尋ねてしまいました。

「そうなの。だからいつもぐったりしちゃうんだよね。」
婦人科器の診療も受けていたようですが
なんとか薬に頼らずに改善するならばと

「思い切って布ナプデビューしてみる!」と。

はじめの変化は経血量だったようです。
それまで、ボトムにまで沁みてきてしまうほど
急にドバっと出てしまうことがあり
仕事にも集中できなかったとのこと。

あと とりこし苦労だったことは
布ナプのお洗濯

「アルカリウォッシュにつけると笑っちゃうほど
するっと経血が取れちゃうのね!
洗濯は全然苦じゃなかった

こんな日が来るとは思わなかった
どこかで少し諦めていたから。本当に嬉しい。」

何度も、何度もお礼を言われてしまいました。

いやわたしの力では全然ないのです。
それでもわたしの経験が役に立ったのなら
嬉しいことです。

彼女はとにかく何事もまず
「自分が動くことでなんとかならないか?」という
手段を考える人

それで頑張りすぎてしまうこともある 
のだけれど(笑)
わたしの口が挟める分野であれば
「そんなにやると逆効果だよ」と伝えることも

それでも
彼女の変化を密かに楽しみ にしています。

Copyright 2011 cotte. All Rights Reserved.
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村


にほんブログ村

[PR]

by moussedenell | 2017-08-31 08:32 | 冷えとり | Comments(0)
2017年 08月 14日

立つ、座る #冷えとり

d0347061_08434977.jpg
前回の冷えとり部会は私にもいい機会であり、
あれから姿勢について真面目に取り組むようになりました。

若いころと違って
このところ今までの癖によるものや怪我の後遺症などからくる
支障を時々感じていたのも確かなので。


頭からつま先まで
今自分がどのような状態になっているのか
確かめる。

確かめるためのコツとはなんだろう。

自分が今まで常に中心と思っていた感覚がズレていることを
気づきやすくするためのコツとはなんだろう。

いろいろ自分の身体をつかって実験しながら
新たに発見したりもしています。

立位姿勢を矯正しただけで
脚のむくみがさらに改善したりもするので
面白い

座位、立位
つぎの動作をはじめるスタートラインが崩れていれば
それに続く動作はそもそも崩れているのです。

座位、立位姿勢ってとても大切だと
老化現象がはじまりだしたから知れたこと
年を重ねることも悪いことばかりじゃない。

Copyright 2011 cotte. All Rights Reserved.
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村


にほんブログ村

[PR]

by moussedenell | 2017-08-14 08:53 | 冷えとり | Comments(0)
2017年 08月 01日

民間療法と依存心 #冷えとり

d0347061_08131432.jpg
最近、民間療法の類を「トンデモ医療」と括って目にすることが増えました。
「冷えとり」「布ナプキン」なども必ずといっていいほど入っています。

この判断は個人に委ねられるんだろうなぁとしか言えません。

中には(これもまた私個人の捉え方ですが)
やっぱりどう考えても「怪しい」と思ってしまうものもあるのも確かです。

ひとつ考えられるのは、さまざまな民間医療を叩く、叩かれる背景には
それを行っている人の中で、
どのような人と巡り合ったかでかなり印象が変わるのかなと思いました。

何かを流行らす、何かを爆発的に売るなどなどの一部には
「不安を煽る」と効果があることは否めないのではないでしょうか。
子どもの塾通いもこの心理だと思います。
「我が家も行かせないと手遅れになる」みたいな。

どこかでみな「不安」というものに掻きたてられて
行っている行為があるかもしれません。

ただ、やみくもに自分の抱いた不安を
持たせて勧めてみたり
同じ価値観を持てない人を否定したり
離れようとしている人を脅迫したり

それはその民間医療がどうのこうのではなく
その人自身が、ものすごく依存してしまっているんだなと感じます。
そしてそのような人から逃げられないような気持ちになっているときは
当事者の依存心も高いのかなと思います。

だからどんなものに出合うかも重要かもしれませんが
どんな人がやっているか、初めに出合う人の印象で
かなりさまざまな民間医療のファーストインプレッションも変わってしまうのかもしれません。

わたしが冷えとりを始めたきっかけは友人でした。
内容だけ聞いた時は、すごく驚きましたが、
彼女がやっているから大丈夫かな?
彼女は特に変な風に変わっていないし…
まあこれで体調が整うなら、それに越したことないし…
嫌ならやめればいいんだし…

といういきさつがありました。

冷えとりをはじめてすぐのころに
ブログだか雑誌だったか忘れてしまいましたが
服部みれいさんが
「依存心のある人は冷えとりはできない(続かない?)」みたいなことを
書かれていました。

今ならなんとなくわかるような気がします。

まあ、民間医療に限った話ではありませんが、
それに支配されてしまっていないか?
自分が自分の主人となって行動しているか?
という振り返りは時々必要なのかもしれません。

全ての事柄には必ず対になる考え方があります。
「Aがいいよ」という論理があれば
自ずと「反Aのほうがいいよ」という論理が生まれます。

西洋医学でも心疾患(血管)に対して
温熱系の治療派と冷感系の治療派に分かれているのが現実です。


「冷えとりやってるの?」
「やってるよ!私には合ってるみたい!」
ぐらいの軽い感覚でいいのかなと思います。

自分を肯定しつつ、相手のことも否定しない
そんな生き方自体のことも問われている気がします。

Copyright 2011 cotte. All Rights Reserved.
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村


にほんブログ村

[PR]

by moussedenell | 2017-08-01 08:26 | 冷えとり | Comments(2)
2017年 07月 31日

冷えとり部会 #冷えとり

d0347061_07261530.jpg
昨日、無事に冷えとりスローライフ第一回部会が開催されました。
ご参加のみなさまありがとうございました。

今回はdansko en…の増井店長のご厚意で
開店前の店舗で歩き方レクチャーからはじまりました。
熱い熱いレクチャーでした。
「歩く」行為は奥深く、運動したりジムに行ったりするよりも
もっともっと大切な基本運動。
これが習得できていないとさまざまな不具合が身体に表れてくることを
ご参加したみなさんは実感したのではないでしょうか。


d0347061_07271210.jpg
その後場所を移動して、座談会をしました。
夏の冷えとり…
下着類の選び方にご苦労されている方が多いなと感じました。
しめつけ感なども個人差がありますし、
好みもあるのでなかなか難しいなとセレクトしている側は痛感させられました。

その後駆け足でしたが、自宅でもできる足のケアを私から。
その前にdanskoでのレクチャーを踏まえて、
みなさまの普段の重心がどこにあるのか?
骨盤の傾きのチェックの仕方を
お1人お1人ちょっと触らせていただきお伝えしました。
みなさんの真剣な様子から
骨盤のことだけでも1時間ぐらい色々お伝えしたかったかも~
と内心心残りではありましたが解散のお時間となりました。

はじめましての方、久しぶりに再会した方、
前回のキックオフ会にも参加してくださった方、
お買い物していただいてメールだけのやり取りだけだった方…
実際に対面させていただき、本当に嬉しかったです。
ありがとうございました。

こちらのレポについては冷えとりスローライフでも主宰のミサキさんが
後日記事にすると思いますので、そちらもお楽しみにしていてください。

冷えとりスローライフでも
またcotte個人的にもイベントを準備中です
(とあるものがやっと完成したので近々告知します!!)

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

また、本日6周年イベント最終日となります。
是非この機会に気になるアイテムを揃えてください。

Copyright 2011 cotte. All Rights Reserved.
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村


にほんブログ村

[PR]

by moussedenell | 2017-07-31 07:31 | 冷えとり | Comments(0)
2017年 07月 14日

歩くことケアすること #冷えとり

d0347061_09433383.jpg
先日お知らせした
7月30日(日)「第1回冷えとり部会」


冷えとりスローライフのキュレーターのミサキさんにお聞きしたところ
すぐにご参加のお申し込みがあったとのことで
ありがとうございます。
まだ若干名募集しておりますので、是非みなさまのご参加をお待ちしております。

個人的にも第一部のdanskoでの講座が楽しみで仕方ありません。

その流れで座談会の中でも
なにかできないか?とのことで、
わたしの知識も少しお役に立てればと
下肢の簡単なケア&運動を一緒に行えればと準備中です。

「歩き方」って外に出て観察していると
みなさんなかなか個性が出ます。
職業柄、歩き方でどの関節が痛いか?
義足の方、どんな既往歴があったか…
そんなこともみえてきます。
また
「あーーあんな風に歩いていると将来膝痛くなるよ」や
「O脚(内反膝)になっちゃうよ…」とちょっと心配になってしまうことも

先日もアニーのサッカー友達に
「腰痛あるでしょ?」と声を掛けたら
「え?!なんで知っているんですか?!時々痛いんですよー」と言っていました。
「〇〇しとかないと大きな怪我につながるからやっといたほうがいいと思うよー」
とアドバイスしておきましたが、やってるかな(笑)

膝痛、腰痛、外反母趾傾向のかたなども
この機会に「歩き方」とその自己ケアを覚えておくことを
おすすめします。もちろんむくみや温めにも効果的ですよ。

詳細&お申し込みはこちら(第1回冷えとり部会のお知らせ)
からお願いいたします。

Copyright 2011 cotte. All Rights Reserved.
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村

にほんブログ村


[PR]

by moussedenell | 2017-07-14 10:09 | 冷えとり | Comments(0)
2017年 07月 04日

夏の湯たんぽどうしてますか? #冷えとり

d0347061_09134945.jpg
もうすでに「そういえば湯たんぽ入れて寝てない~」という方もいらっしゃると思います。
わたしも毎年このぐらいの季節になるとどうしようかな~と思って、
8月は1か月やめてしまったりしています。
一回作るの止めると、ひとつ作業が減るので
惰性で止めてしまうんですよね。

寝始めは特に必要ないなって思うのです。
あったところで「暑い!!」って思う時もあるぐらいで。

ただ夜中、無意識に脚が湯たんぽ探している時があって、
靴下の枚数とかレッグウォーマーとは違う
あの温かさを脚が欲しがっているんです。
ぼんやりした頭で
「ああ~そうだないんだった。明日から作るぞ!」って思うのですが
これまた元の習慣に戻すのって一苦労だったりします。

ですのでこの夏は湯たんぽ継続しようかと思っているのですが、
寝始めはやっぱり暑すぎる!!

昨夜お湯を沸かしながら
どうしたものかな~とガスレンジのまで佇んでいたところ
ふと私的にはいいアイデアが降りてきました!!

「なにもぐらぐら沸かしたお湯を入れる必要ないんじゃないの?!」

昨夜はおおよそ70度ぐらいであろう・・・
これももう私的感覚です。
なべ底に小さな泡つぶができそうな寸前で火を止めまして
湯たんぽに投入しました。

「あ、これ丁度いいかも!」

無駄に重い湯たんぽを蹴ることもなく
脚も布団の中に入ったまま寝ることができました。

なんで今まで気づかなかったんだろう~
お湯沸かし始めると
沸騰するまで沸かす・・・という
なんだか当たり前さに他の選択肢すら頭の中にありませんでした。

当たり前ってこわい~~
どんどん自分を狭めますね。

湯たんぽ作りで気づいた発見でした。

Copyright 2011 cotte. All Rights Reserved.
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村


にほんブログ村

[PR]

by moussedenell | 2017-07-04 09:26 | 冷えとり | Comments(0)
2017年 06月 30日

【インタビュー】冷えとりと、わたし #冷えとり

d0347061_19394639.jpg
冷えとり総合サイト・冷えとりスローライフ
連載がはじまりました!
【インタビュー連載】冷えとりと、わたし
今まで拝見した冷えとり話って
ミラクルっぽいものが多かったように思います。

ミラクルない私ってやっぱりおかしいの?
ミラクルない私は、真面目にやってないってことなの?
とまだまだ自己否定してしまっている方もいらっしゃるのかもしれません。

そんな方に是非、第1回目のきのもりさんと冷えとりの付き合い方
ご覧になってほしいなと思います。

そしてどんどん、ご自身の体験記をこのサイトでシェアしてください。
よろしくお願いいたします。

Copyright 2011 cotte. All Rights Reserved.
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村


にほんブログ村

[PR]

by moussedenell | 2017-06-30 19:45 | 冷えとり | Comments(0)
2017年 06月 15日

マイクローゼット更新 #冷えとり

d0347061_10421054.jpg
マイクローゼット(webフリマ) を更新いたしました。

ARTS&SCIENCEのスカートはじめバラエティー豊かに揃っています。
この機会に是非ご覧ください。

Copyright 2011 cotte. All Rights Reserved.
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村


にほんブログ村

[PR]

by moussedenell | 2017-06-15 10:44 | 冷えとり | Comments(0)
2017年 06月 12日

冷えとりとダンスコ

d0347061_16241549.jpg
冷えとり総合情報サイト冷えとりスローライフ
今回は「冷えとりとダンスコ」のインタビュー受けました。
ご参考になれば幸いです。

また、「わたしも一言いいたい!!」
「こんな体験しました!!」
などなどございましたら、

同サイトに「冷えとりと、わたし」という連載も準備中ですので、
どしどしご参加ください。
すでにこちらから参加希望の方も何人か問い合わせしてくださっているようです。

あなたの当たり前の経験が
他の方にとっては新鮮だったり、
冷えとりをはじめ温活に興味をもつきっかけになると思います。

どうぞお気軽にお問い合わせください。


Copyright 2011 cotte. All Rights Reserved.
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村

[PR]

by moussedenell | 2017-06-12 16:30 | 冷えとり | Comments(0)