2017年 12月 31日

【トップページ】

こんにちは。オリジナル冷えとりソックスweb shop 「cotte」の店主です。
2010年より冷えとりをはじめ、その魅力にとりつかれ、オリジナルのソックスを作ることになりました。
2011年より「cotte」start。身体の毒出しが始まってから徐々に家の中の毒出し(断捨離)にはまる日々。
持たない暮らし、ミニマリストな暮らしに憧れています。
cotteのお知らせのほか、冷えとりファッションやおうちの片付け、アドラー心理学の話などもご紹介できたらと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

cotte web shop
cotteの冷えとりシンプルライフ(商品紹介、冷えとりファッション、アドラー心理学がメイン)
cotteの脳内日記「The double」(ものすごく個人的な日々湧いてくる考えなどつらつらと)

定休日・・・水曜日、土日祝日
臨時休業…4月7日(金)、28日(金)
随時更新しております。
ご迷惑をおかけいたしますがどうぞよろしくお願いいたします。



Copyright 2011 cotte. All Rights Reserved.
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村


にほんブログ村
[PR]

# by moussedenell | 2017-12-31 23:59 | お知らせ | Comments(0)
2017年 03月 24日

衣替え #冷えとり

d0347061_09164241.jpg
そろそろ衣替えシーズンとなりました。

私は外出は限られている生活&持ち物の見直しで
衣替えするほど衣類は持っていませんが、
ウールのコートやウールPOのそばには
楠のエコブロックをぶら下げたり、置いています。
(ぶら下げ方は、紐で十字にしばってS字フックに引っかけたり、排水溝ネットに入れてS字に引っかけたり・・・)

あとはcotteの商品管理でもウール系の商品にはエコブロックを入れています。
(時々くすのきの香りがしているかもしれません)

香りが弱まってきたら、楠のオイル(カンフルオイル)
エコブロックに染み込ませて、繰り返し繰り返し使っています。

こういうものの存在を知らない頃は
「〇レパラアース」など使っていましたが、
ちょっと酔いそうな香りが好きではありませんでした。

楠の香りは森林浴をしているような爽やかな気分になり
クローゼットを開けるたびに気持ちがよくなります。

Copyright 2011 cotte. All Rights Reserved.
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村


にほんブログ村

[PR]

# by moussedenell | 2017-03-24 09:29 | 商品紹介 | Comments(0)
2017年 03月 23日

シルクレギンス再入荷 #冷えとり

d0347061_09012624.jpg
欠品しておりました【金伴繊維】シルクレギンス類が入荷いたしました。
新たな年度を新しいインナー類で迎えてはいかがでしょうか。
これから初めてシルクレギンスを履いてみる!みたい!
という方にも是非はじめの一枚はこの金伴のものをおすすめしたいです。
薄手で、滑らかで、温かくて、一年中愛用できるものとなっています。

今日、明日と学校は終業式、というところが多いのではないでしょうか。
レギンスではありませんが
我が家のアニー(中1息子)は金伴の5本指ソックスの黒を通学ソックスとして愛用中。
明日終業式を迎えるのでこの1年お世話になったダーニングだらけの5本指ソックスは卒業して
新しいソックスを進呈しようと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

Copyright 2011 cotte. All Rights Reserved.
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村


にほんブログ村

[PR]

# by moussedenell | 2017-03-23 09:10 | お知らせ | Comments(0)
2017年 03月 21日

ハードル高い共通の課題 #アドラー心理学

d0347061_09415469.jpg
久しぶりに2日続けてアドラー心理学のことを投稿しましたら
いろいろご質問いただきました。
質問内容に共通している部分があったので、お答えできる範囲でちょっとここに書き連ねようと思います。

基本は課題分離がとっても大切です。
これをふまえたうえで
家族の共通の課題を話し合うことができます。
例えば我が家の場合
こどもたちスペースの掃除には介入できませんが
(こどもたちから掃除を一緒に手伝ってほしいと依頼された場合は依頼を引き受けるか引き受けないかの選択はできます。)
リビングや洗面所など家族みんなの共有スペースに個人の物を置きっぱなしの時
どうするか?
という話合いはできます。
例えば、登校後にリビングに出しっぱなしだったものは
強制的に各自の部屋に置くよ。とか
捨てるよ。とか、段ボールに入れちゃうよ。とか…

ここで、私たち親側も覚悟を決めなければならないことは
子どもだけにそれを課せてはいけないこと。
親も同じようにしなければなりません。

例えば、捨てちゃうよ。と決めたら
もし自分もそうしてしまったり、旦那がそうしていたら
捨てないといけません。

ここで大事なのはできなかったときに
「罰を感じさせるようなものはいけない」
「家族で決めたことは家族全員が守る」
「決めたことは必ず実行する」
この「実行する」というのが大事なような気がします。
実行しないくらいなら、決めない方がいいぐらいアドラーは言っています。

なので、我が家では「捨てちゃうよ」というのは止めました。
自分も嫌なので(笑)
あとストイックなことも止めました。
自分も置きっぱにしていることあるので。

我が家の場合は
「登校後と就寝までに持ち物をリビングなど共有部分に置きっぱの場合は
各自の寝室スペースに放り投げる」
に決めて続けています。

こういうことを続けていて感じることは
何度も書いていますが
●例え自分のこどもであっても思い通りにしようと思わないこと
●自分の考えが一番いい考えではないこと
●できたかできないかではなく、話し合う行為自体がとても大切
ということをひしひし感じます。

こどもたちを見ていると
アニーは掃除も自分の持ち物も大切にしないのですが
部活でみんなで共有するものは自分で洗って乾かして管理していたり
ジャイ子も掃除は好きではないですが、上履きだけは毎週末自分で洗って干したりしているので
それぞれ、これは外せないポイントが私とは違うだけなんだなと
私自身自分に言い聞かせるようにしています。

やっぱり自分育ての心理学です。

アドラー心理学については実践をはじめてちょうど一年を超えました。
HPではアドラー心理学だけをまとめたページもあります。
ご興味ある方は下のリンクから!
「それはそうだけど・・・」
「そうは言ってもでも・・・」
このセリフを止めた時、ちょっと世界が違って回っていきますよ。
アドラー心理学と生きる

Copyright 2011 cotte. All Rights Reserved.
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村


にほんブログ村

[PR]

# by moussedenell | 2017-03-21 10:06 | アドラー心理学 | Comments(0)
2017年 03月 17日

そのまま干しますね #アドラー心理学

d0347061_08505498.jpg
昨日からの続き。

今回は洗濯編

時々、ズボンやシャツの袖の片方は裏返っていて、もう片方は表になっていて…
ということありませんか?

これ、イラッとします。
干す方の身になってほしいわ~

特に寒い日の朝は。

何度か、干している間に声を掛けて戻してもらったりしていました。
この時、必ず
「冷たい!」というこどもたち。

「でしょ~これを何枚もママやると手がかじかんじゃうのよ。だからちゃんと脱いでかごに入れてほしいんだよね。」
「わかった~~」

が、こどもの(いや大人もか)「わかった~~」
あてになりません。

全然変化なし。

「あのさ~全然変わってないんですけど~もうママも手が冷たくて辛いし、
そこまでママがやる必要ないと思うんだよね~。そのまま干してそのまま畳むけどいい?」
「いいよ~」

が、この「いいよ~」も
あてにはなりません。

朝の着替えになると
裏がっている洋服をみると
「ちょっと、ママ!なにやってんの!5本指靴下丸まったままじゃん!しかも裏返ってるし!」
「だからこのあいだ話したじゃん。」
「ほんとにやるのかよ?!」
「言ったことをしないで責められるのはいいけれど、言ったことを実行して叱られるなんて…ひどいわ。ママ可哀想すぎるわ~ママ不憫だわ~」
「はい、はい。もういいです。わかりました。」

それから少しづつ、脱ぎ方気を付けてくれているみたいです。
そういう時は、
「今朝はみんな脱ぎ方がきちんとしていたから、洗濯物干すの楽だった~ありがとう。」
と伝えます。

また気が緩むと元に戻ってしまうかもしれませんが、
その時はまた話し合い。

とここでチャンチャン。
めでたし…とはいかず(笑)

最近、夫のTAKEFUのレギンスの中から丸まった5本指が出てくることが!!
むむむ…
ブルータスおまえもか!!


Copyright 2011 cotte. All Rights Reserved.
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村


にほんブログ村



[PR]

# by moussedenell | 2017-03-17 09:07 | アドラー心理学 | Comments(0)