2017年 03月 17日 ( 1 )


2017年 03月 17日

そのまま干しますね #アドラー心理学

d0347061_08505498.jpg
昨日からの続き。

今回は洗濯編

時々、ズボンやシャツの袖の片方は裏返っていて、もう片方は表になっていて…
ということありませんか?

これ、イラッとします。
干す方の身になってほしいわ~

特に寒い日の朝は。

何度か、干している間に声を掛けて戻してもらったりしていました。
この時、必ず
「冷たい!」というこどもたち。

「でしょ~これを何枚もママやると手がかじかんじゃうのよ。だからちゃんと脱いでかごに入れてほしいんだよね。」
「わかった~~」

が、こどもの(いや大人もか)「わかった~~」
あてになりません。

全然変化なし。

「あのさ~全然変わってないんですけど~もうママも手が冷たくて辛いし、
そこまでママがやる必要ないと思うんだよね~。そのまま干してそのまま畳むけどいい?」
「いいよ~」

が、この「いいよ~」も
あてにはなりません。

朝の着替えになると
裏がっている洋服をみると
「ちょっと、ママ!なにやってんの!5本指靴下丸まったままじゃん!しかも裏返ってるし!」
「だからこのあいだ話したじゃん。」
「ほんとにやるのかよ?!」
「言ったことをしないで責められるのはいいけれど、言ったことを実行して叱られるなんて…ひどいわ。ママ可哀想すぎるわ~ママ不憫だわ~」
「はい、はい。もういいです。わかりました。」

それから少しづつ、脱ぎ方気を付けてくれているみたいです。
そういう時は、
「今朝はみんな脱ぎ方がきちんとしていたから、洗濯物干すの楽だった~ありがとう。」
と伝えます。

また気が緩むと元に戻ってしまうかもしれませんが、
その時はまた話し合い。

とここでチャンチャン。
めでたし…とはいかず(笑)

最近、夫のTAKEFUのレギンスの中から丸まった5本指が出てくることが!!
むむむ…
ブルータスおまえもか!!


Copyright 2011 cotte. All Rights Reserved.
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村


にほんブログ村



[PR]

by moussedenell | 2017-03-17 09:07 | アドラー心理学 | Comments(0)