cotteの冷えとりシンプルライフ

cotte.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 30日

相変わらず血だらけ #冷えとり

d0347061_09580744.jpg
暦の上ではとうの前に冬になっていますが
少し遡って…

毎年のことなので、特別視しなくなっているのですが
この秋も、脚の脛が血だらけでした。

食べ過ぎが続く秋になるからか、一年分なのか?
とにかく秋に必ず脚の脛が無性にかゆくなり、気づくと皮膚も薄くなり、
うっすら出血しはじめます。
もう、あとは野となれ山となれ。
我慢なんて言葉は私の辞書にたぶんない。

掻きまくります。

と同時に、時々シルクの5本指に穴が開きます。


夏が終わり、秋風が吹きだすと
夏には食す気力もなかった
小麦粉系にやたら目がいってしまうのもひとつかなと思うのです。
気を許すと3食小麦の日もあったりして。


今はもうお野菜をたんまり食べたくなる季節に突入で
気付けば自然と脛の出血もなくなっていました。

季節によって食べたくなるものも変わる身体って不思議。


Copyright 2011 cotte. All Rights Reserved.
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村


にほんブログ村








[PR]

by moussedenell | 2016-11-30 10:00 | 冷えとり | Comments(2)
Commented by きのもり at 2016-12-03 12:13 x
こんにちは。

前にも血だらけの話がありましたよね。この話がとても印象に残っています。

うちの夫は去年から、寒くなる頃に血だらけならぬ、発疹だらけになるんです。
ものすごくかゆいようです。
しかもその発疹は、掻いてないのに掻きまくったあとのカサブタのようになって出てくるんです。
そのままどんどん隣同士とくっついて、ひどいことになります。
私は調子に乗ってお菓子を食べまくると似たようなことが起こります。
私は全身性、夫は主に足、ひどくなると腰にも。

コッテさんの話をしたら、「俺も小麦粉減らす!」と頑張っています。(笑)←笑っちゃいかん。

皮膚疾患の場合、アレルギー性に関わらず小麦粉を減らすまたは摂らないという話を見聞きしますが、その根拠って知っていますか?
私としては生理学的な作用が気になってしかたないこの頃です。
(でもね、毎週末治療すると明らかに良くなるんですよ。やっぱ免疫なのかなぁ。)
Commented by moussedenell at 2016-12-05 10:31
***きのもりさん***
そうそう前にもどこかで書きましたし、なんどもいろんなところで話しています(笑)私も詳細は調べていなしわからないのですが、小麦粉は免疫・アレルギー系に作用するんでしょうね~水と混ざるとあの重くなる様子はやっぱり身体の中でもなんか詰まりそうなかんじがありますよね。皮膚も消化器官として考えられるので、やはり皮膚に症状が出やすいのかもしれませんね。旦那さま頑張れー!!(笑)


<< 月のものを快適に・補足 #冷えとり      マイクローゼットで平置きコーデ... >>